社長のご挨拶

日頃は当社をご利用頂き誠にありがとうございます。
初めにお客様並びに関係各社様へ日頃の感謝を申し上げさせて頂きます。

当社は明治17年に東京・大森の地で創業し、地域の方々に支えて頂きながら現在では首都圏にございます百貨店や駅周辺の商業施設を中心に商いをさせて頂いており、お陰様をもちまして東京の惣菜店としての認知度は徐々にではございますが広げさせて頂いていると実感しております。

当社では常に時代のトレンドを把握し、佃煮・和惣菜文化の古きよき伝統を守りながら「その時代にマッチする新製品開発」に取り組ませて頂きます。しかしながら、現代の情報化社会はブームの継続が難しい事から常にアンテナを張る必要が有ると考えております。

ただし、その一方で当社を取り巻く環境の変化は深刻で、特に当社の主となる原材料に精通する農家や漁師の後継者問題は大きな課題の一つでしょう。当社では国産原料の使用率を高め農家や漁師との共存共栄に役立つ企業として食卓に価値と価格のバランスがとれた商品をお届けして参りたいと存じております。

私どもはこれからも、全ての力を結集し会社の繁栄を築きながら、社会の一員としてコンプライアンスを厳守し将来性のある企業を目指します。

最後に佃浅商店はOne for All , All for Oneの精神に基づき全従業員が幸福でいられる企業を目指します。

代表取締役社長 杉原春雄